愛は藍より出でて哀より愛しい

充電期間中のhyphenブログ

イジワルしないで抱きしめてよ~君と僕の2週間戦争の話~

この2週間ほど地獄を見ました、たつまるです。

何があったかと申しますと

 

紛瘤出来ました…

 

きっかけは1か月前頃になりますが

なーんか肩のあたりにしこりみたいなできものがあることに気付いたんですね

痛みもかゆみもなかったのでほっといてたんですが

 

ほっといたわたしがバカでした…

 

4月の頭から我慢できないくらい痛みが出てきたんですね

しかも場所が場所でして服に擦れる擦れる

ブラ紐もあたって痛すぎる(これにはまいった)



右肩を触ってくれるな刺すぞって言ってしまえるくらいの痛さ。

こりゃただ事じゃねぇと危険を感じようやく病院に行きました所上記に至るわけです。

 

症状を事前に検索して粉瘤だろうと思っていましたのでそこまで動揺はしませんでしたが

如何せん痛すぎる。仕事にならず、職場の方々、および上司に紛瘤の事を伝えたのですが皆して?が頭の上で浮かんでおりまして案外皆知らないのかと思いました。



なので粉瘤とはなんぞやということで載せておきます。

 

粉瘤腫 - Wikipedia

 

なんとなーくおわかり頂けたでしょうかね

要はどういうわけか中で袋が形成されてしまってそこに老廃物がたまり腫瘍になってしまったという現象です。

今回痛みが出てしまったのはその袋が破れて老廃物が外に出て炎症を起こしているからだと説明を受けました。

 

しかしだからと言ってすぐに治るわけではなかったのです。

ここからが長い闘いでした。

まず炎症が出てしまっていたので抗生物質を処方され1週間様子を見るようにと言われました。炎症が治まらないうちは処置が出来ないようです。


しかしねここで問題が発生します。

たまたま診察を受けた翌日から応援続きで体をめちゃんこ酷使する地獄期間だったんですねぇ…

結局死んだ。



肩も痛みで上げられない、伸ばせられない、ハンドル握れない

右重心&あおむけで寝れない(これが地味にしんどい)

無意識に寝返りを打っているんですね、右に。

痛みで起きてしまうんですよね、無駄に。よって熟睡出来ていないから疲れは溜まる。

おまけに痛みに耐えているのでよけい体力を無意識にむしり取られている。

地獄でしかなかった…(^p^)




耐えるのがきつい場合は痛み止めを飲んだ方がいいです。

わたしは薬との飲み合わせが怖くて痛み止め我慢してしまってたけどホント飲めばよかったと後悔しております。

 

結局抗生物質を飲んでもよくなっているように見えず

それどころか日々悪化しているようにしか見えませんでした。(熱も持ってたし)

しかしだからと言って仕事を休むことは出来ませんで

(てかマジきついのでって話はしたのだが休んでいいよの鶴の一言はもらえず泣きたくなった)

初診から5日間気力で乗り切りようやく6日目に再度病院へ行きましたが

 

有無を言わさず切開することに!!!!!(^p^)



 

膿が出始めてたんですねぇ…抗生物質は一体何だったんだ畜生め。

局所麻酔を打って頂きまして(注射と同じくらいそんなに痛くない)

切開もまぁそこまで痛みは感じなかったのですが。

 

膿を出す行程がマジで死ぬ!!!!!!!!!!!

 

何より何が痛いかって膿を出す所だ。

声にならない声を上げうつぶせに寝かされた四角い枕をバンバン叩きまくる

無意識にギブギブ言いまくる、でも先生は手を止めてくれない

マジ死ぬ。

終わった後はまさにこの表情。


f:id:tatsumaru680:20170421153143j:plain



 

その後ガーゼ交換をしに何回か通院をすることになります。

しかしそのガーゼ交換。ただ上から載せてテープで止めるなんてもんじゃないんですよ

切開した穴をふさぐようにガーゼを詰め込むんですよ!!

皮膚は何もしなくても元に戻ろうとするようですが

膿をまだ全部出し切れていない状態で穴がふさがってしまうと結局同じことが起きてしまうので膿を出し切るまでは中にガーゼを詰め込みます。

はっきり言う。マジで痛い。

 

また終わった後放心状態。痛みが引くまで少し休んでから仕事に行くという…

何とも苦悶が続く日々を1週間過ごしました。

 

ようやく1週間経って膿も全部出し切れたということで上からガーゼをかぶせるだけの処置になりました。このまま2日間ほど様子を見て大丈夫であればガーゼをとっていいそうな。

 

しかし中の袋を取ったわけではないのでまた同じようなしこりが出来る可能性があります。その時は炎症が出てくる前に手術をして取る処置をした方がよろしいんですって…ワオ。

 

うん。痛いの大嫌いなんだよねわたくし。

 

まぁまだ爆弾を持ったままの状態なんだなぁと思いつつも痛みと戦う日々から解放されたわけで本当に快適すぎて泣けてきます。

人間健康が一番だって改めて認識。

 

地味に紛瘤はキツイです。ただのできものだと馬鹿にしては泣きを見ます。

色んな所に出来るそうです。顔に出来る人もいればお尻に出来る人もいるようで。

炎症が起きる前に袋を取り除く手術をしてしまえば完治できます。

手術も30分くらいで出来るようですよ、しないにこしたことはないからそこは流して聞いたけど←

少しでもあれ?変だなと思ったら病院で診てもらいましょう。

紛瘤の場合は皮膚科で大丈夫です。

 

今回の事に限らずホントわたしは初期症状を見逃して病院に駆け込むケースが多く

結局行った時にはもう手遅れ、手術して治すっていうパターンが多すぎる。

4年前も結局それで涙を流したというのに学習してないなぁと反省。

幸い命に関わることでなかったからよかったけど

いつ何時何があるかわからないんだから少しでも違和感を感じたら迷惑上等でも病院に行こうと改めて思いました…

 

皆さんも体だけはご自愛くださいませね