読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛は藍より出でて哀より愛しい

充電期間中のhyphenブログ

辛夷の花~KAT-TUN11周年おめでとうの話~

改めて2日も過ぎてしまったけど

KAT-TUN11周年おめでとう!!!!!!!!

最近JUMPちゃん関連の記事多すぎてKAT-TUNちゃんへの愛を伝えきれてなかったのでこれをいい機会にしたためたいと思いキーボードを一心不乱に打っています、たつまるです。

 

現在も充電期間中だけど

1年前の発表時と比べても心穏やかに充電完了を楽しみに待ってられる自分がいます。

1年前なんて泣いてばっかだったよ、わたし←

 

もう少しでMステ4人最後で出た日になりますね

わたしはその時風邪で寝込み(発熱含め)泣きながらMステを見てました…

泣いてしまっているたっちゃんを見て

言葉にならないくらい泣いて熱をさらにあげてしまうというまぁなんて愚行…

(結局風邪は名古屋公演まで持ち込んだ)

 

充電期間どうなってしまうんだろうって正直不安でしかなかったし

ライブDVD発売された時も充電期間の終わりは誰が決めてくれるの?って不安しかなかったし

信じて待つしかないけど本当に待てるのかなわたしってそれだけで。

結局自分の事しか考えられてないダメ女なんですけどね

 

でも充電期間ならではの個々の魅力をちゃんと見ようと思えた。

個々が勝ち取った仕事をしっかり見届けようと思えた。

その中で気迫と爪痕を感じ取れた

彼らを信じてよかったって毎回思わせてくれた

 

気がつけば不安なんてどっか行ってた。

推しグループが増えて不安な気持ちを別の推しで相殺しているわけではないよ。

それはそれ、これはこれ。

わたしの知ってる、応援してきた彼らはこんなもんじゃない、大丈夫って思った。

不安に思ってごめんね。

 

充電期間は誰が終わりと決めてくれるの?っていう答えは

きっと彼らと私たち(と事務所関係のお偉いさん)。

彼らは彼らで納得のいく限り個々を高める、

私たちは彼らの復活を心待ちに待っていると伝える、彼らが必要だと伝える、

そしてお偉いさんはそんな彼らの実績とわたしらの思いをくみ取って来るべき時にGOサインを出してくれるはず…

だからわたしはこれからも可能な限り思いを伝えるよ

思いは言葉にしないと伝わらないからね!!!!世界はそれを愛と呼ぶんだぜ!!

 

11年前のあの時。

ジャニーズなんてって思ってたわたしがネバアゲ(※NEVER AGAIN)を聞いて

頑固女のわたしがあの時ジャニーズという先入観をとっぱらって足を踏み入れたおかげで

わたしはこんなに拗れて見境のないヲタクへと成長してしまったけれどもw

11年前のわたしに言いたい、踏み入れてくれてありがとうと。

 

ホントこのグループは波乱万丈すぎて

何回も途中で船を降りようとしたけれども

降りるのをやめたのは

何人になろうとも変わらない、劣らない、KAT-TUNがそこにあるから。

未だに抜けたメンバーに対して思ってしまうこともあるし

不誠実じゃん!って思ってしまうことも何で抜けた方ばっか順風満帆なわけ?って言いたくなる気持ちもわからなくはないし思ってしまうこともあるけど

抜けたメンバー含めて不誠実な人はいないとわたしは思ってる。

要は不器用すぎるだけだよ。

抜けた後が一番大変なんだと思う、用意周到な幕開けだったかもしれないけど

その陰ではきっと色んな葛藤やらあったと思いたい。

し、何より成功しないと抜けた意味ないじゃん。

彼らは彼らの思うてっぺんを目指すために抜けたんだから。

 

何が正解で何が間違いだったかなんて誰もわからないよ、人生ってそんなものじゃない。

 

各々の目指すてっぺんでこれからも輝いてほしい、わたしは遠くからそれを見守るとします。

 

それもこの1年でちゃんと整理することができたかも。ようやく。

それもこれ「抜けたメンバーにも感謝してる」って言葉のおかげ。

 

そして

亀ちゃんたっちゃん雄一さん

改めてKAT-TUNを守ってくれてありがとう。

11年おめでとう。本当におめでとう。

出会えてうれしい。好きにさせてくれてありがとう。

これからも一緒に戦っていこう。

いつでも待ってる、また船を出港させる時は

誰も見たことのないてっぺんを目指していこう。

いつでも援護射撃できる準備をしておくね。

 

12年目もいい年にしようね。

来年のこの時もいい年だったねって言えるように頑張ろう。

 

真っ直ぐ清くこの世に咲いてゆけ